2006.07.31 Monday

東急BEセミナーロビー展

 山内先生が取り上げてくださった千葉市美術館にて製本展示の話は、
MAKIKOオフィスで講習していただいています伊藤先生も其の話題に
触れていました。私も行ってみたいと思っていますが、記事と写真を見て
すっかり行った気分になってしまいました。

 ようやく文字と刺繍の本の原稿も書き終わり、ほっとしています。
これから校正などがありますが9月末には出版予定に何とかなりそうです。

 本日のイベントお知らせとして、渋谷東急プラザ(JR渋谷駅南口前)
7階フロアー・東急セミナーBEカルチャーのロビー壁面に
カリグラフィーの作品が展示してあります。今回は作品のアレンジが楽しく
なかなかの評判です。参加者はラボラトリークラスと創作クラスの方々です。
8月6日までの展示と聞いておりますのでお近くにお出掛けの際には
お立ち寄り下さい。私も週末には拝見したいと思っています。

 都営新宿沿線にお住まいの方々、もし「大島」駅をご存知でしたら、
其の駅の改札内に8月16日から31日まで個人のカリグラフィー作品展を見ることが
出来ます。

いつもお知らせばかりですみません!

2006.07.31 Monday

「イギリスの美しい本」展

千葉市美術館で開催されている「イギリスの美しい本」展に行ってきました。

book展1

グーテンベルグによって発明された印刷技術はウィリアム・カクストンによって
イギリスに伝えられ、その後19世紀にはウィリアム・モリス率いる
ケルムスコット・プレスやその影響を受けたプライベート・プレスによって
アーツ&クラフツ運動へ盛り上がっていきます。そして「世界3大美書」と
いわれる美しい書物が生みだされ、人の手による工芸製本という芸術は、
さらなる発展を続けながら現在へとつながっています。

この展覧会は、カクストンに始まるイギリスの書物の歴史を現代まで、
数々の美しい本によって辿るものです。
また権威あるイギリスの製本装丁家協会「デザイナー・ブックバインダーズ」の
作品も多く紹介され、現代に受け継がれてきた伝統と、時代を吸収して
創意工夫にあふれた製本工芸の世界を間近に感じることができます。

book展2

パンフレットの裏に少しだけ「デザイナー・ブックバインダーズ」の
作品が数冊載っていました(右下の暗い部分)。
そこにもありますが表紙カバーに人造毛皮を貼ったもの
(本の内容が「子犬のポンピィ」だけに!)や、
スウェード地にビーズや刺繍装飾を施したもの、
ヒキガエルの皮(!)
を使ったものなど、それはそれは楽しく、びっくりが盛り沢山。

図録も163ページに渡る立派なものでした。
写真も非常にクリアで、作品の説明とともに、イギリスの本の文化と歴史が、
分かりやすく綴られています。

book展3


同時開催されている「スターよ永遠に!追善浮世絵展」も面白かったです。
私は、初めて知ったのですが、江戸時代後期から明治時代にかけて
人気の歌舞伎役者がこの世を去ると、その姿を忍んで死去を報じる
浮世絵版画「死絵」(しにえ)が出版されたそうです。
それら普段なかなか見ることがない、林義一氏(江戸文化研究者)の
コレクションを中心に構成された展覧会です。
役者の生前の生き生きとした表情や姿はもちろん、当時の町人文化の熱さ、
スターへの熱狂が伝わり、興味深い内容でした。
またこの展覧会は写真撮影OKということで、
入り口に「お気に入りのスターと一緒に写真を撮って下さい」と
あり、ちょっと笑ってしまったりして・・。
私も写真を撮りたかったのですが、カメラをロッカーに入れて
動いていたので残念。
これから行かれる方は、是非カメラも持って行って下さいね。

book展4


私にとって、装丁は未知の世界ですが、
素晴らしい手仕事の本に、カリグラフィーの文字は、
もちろん、挿し絵や扉絵の美しいデザイン、
多種多様なレイアウトは、私の制作意欲を刺激し(!?)
上層階のレストランで食べたクリームコロッケも美味しく
帰りに画材やさんで探していた画材が見つかったこともあり、
とても満足な1日でした。

この展覧会は8月27日まで開催されています。

千葉市美術館
続きを読む>>

2006.07.24 Monday

わが家のイヌたち

わが家にはイヌが2匹おります。
1匹は、ワイヤー・フォックス・テリア(写真右)
もう1匹は、ビション・フリーゼ(写真左)

イヌ

いずれも最近の人気犬種ではないので、時々犬種を聞かれることがあります。

それでもテリアの方は、たまに近所で見かけたり
今放映しているフレッツ光のCMでスマップと一緒に学校にいる犬と同じ
犬種であったりするわけですが
もう片方のビション・フリーゼは、さらに知られてない犬種です。
私自身ペットショップで、初めて目にした犬で
家に連れて帰ると決めたあと、お店の方に
その子の父と母の写真をもらいました。

フラン親

ちょっと焦りました・・
私「このカット!?・・・・おにぎり???」
ショップの方「これがこの犬種のスタンダードなカットですよ」
私(心の中で)「え〜こんなになっちゃうの〜」
ショップの方(察したようで)「カットは、どうにでもできますから」

まぁ見ようによっては、可愛い?イカしてる?
心の中の葛藤を抑えつつ家に連れて帰り、
先にいた犬ともなんとか仲良くなってくれて
気がつくともう3歳です。
ええ、あのカットはしていません。

フラン

しかし、この犬種の性格、大抵の本には
非常に賢くしつけや訓練も楽しみながら、
教えられたことを積極的に吸収していく。
従順で忠実。
飼い主の家族にもよくなつき、遊び好きで、愛想も振りまく。
とあるのですが・・

従順、忠実、しつけが入りやすい・・というのは、うちの子にはまったく
当てはまりませんね。
自由奔放。怖いものなし。「私の為に世界が回っているの!」
そんな小癪な娘です。

2006.07.15 Saturday

写真の楽しみ方

梅雨も明けぬまま、夏本番といった気候になってきましたね。
クーラーが効いてる部屋から一歩外に出ると
その温度差にクラクラしてしまう今日この頃です。
暑さに弱い私ですが、夏の果物は大好き。
マンゴーにサクランボ、スイカに葡萄。これから桃もいいですね。
先日も美味しそうなサクランボを前に写真を一枚。

サクランボ

最近はデジタルカメラの普及で写真もずいぶん気軽に
撮れるようになりました。
記録や日記にしたり、気に入った写真はポストカードにするなど
その楽しみ方もいろいろありますが
こんな楽しみ方はいかがでしょう。

パソコンに取り込んだお気に入りの写真を切手風にしてくれるサイトです。

Stamp It Out!

トップページを下にスクロールしていくと「Create a set of stamps」
という箇所がありますので、「ファイルを選択」ボタンで
パソコン上の写真データを選択、どこの国の切手にするかも選べます。
そして「Create My stamps 」ボタンを押せば完了です。
(データサイズは255KB以下にしておきましょう)

A4サイズに作ってくれるのでそのまま印刷すれば、
自分だけの切手風シートが出来上がり。

スタンプ1

裏に糊をつければシールにできますが、
最初からラベルシートに印刷してもいいですね。
私は、少しずついろんな絵柄が欲しかったので、
ハガキサイズのラベルシートに印刷しました。
ハガキや封筒の表には、紛らわしいので貼らないほうがいいかもしれませんね。
裏に貼ったりカードに貼ったり、あとは何に貼りましょう・・。

スタンプ2

2006.07.09 Sunday

文具・紙製品展

東京ビックサイトで開かれていた国際文具・紙製品展(ISOT)に
行ってきました。

この文具ショーは、新しい文房具の発見はもちろん
試供品がもらえるのもひとつの楽しみですよね。
でもここ数年不景気のせいかその数は減り
今回もあまり期待してはいなかったのですが・・・・

気がつくと以下の通り・・結構頂いていました (^.^)

試供品

新製品に関しては、全体的に糊やテープなど接着系が多かったでしょうか。
質もどんどん進化しています。
スクラップブッキングの人気のせいもあるのでしょうね。
いまやアシッドフリーは当たり前、なおかつ接着テープの薄さや
使いやすさの追求で各社競い合っているようです。

気になったものもいくつかありましたが、
ほとんどのブースは、その場で小売りをしてないのですごく残念。

それでも今後、購入したいと思ったものは
TOMBOの6Bの黒色鉛筆、書き心地も軽く6Bでありながら粉っぽくなく
消しゴムでもよく消えるようです。これは、作品作りの際、
罫線を引くのにいいかなと。
あとFRANCESCO RUBINATO 社のカリグラフィーのペンとインクのセット。
使うというよりギフトか観賞用!?ミニチュアサイズで小さい箱に
入っているのですが、細かい細工が可愛い。
本革の豆本(ノート)が一緒に入っていたり、きれいな封筒が入っていたり。
ガラスペンなど多少は日本でも店頭に出ているようですが、
この会社の全部の商品が手に入るようになると嬉しいです。
シーリングワックスの老舗 J.HERBINの
ヴィンテージインクポットの絵柄のノートも良かったし。
その場で手に入らなくてホント残念。

そんな中ひとつだけ、前から欲しいと思っていたもので、
小売りしてもらえたものがありました。
それは、蜜ろうブロッククレヨン!
子供の玩具として人気のあるものでよく玩具の本などでも紹介されています。
蜜ろうはみつばちの身体からでる皮脂で、みつばちの巣の材料です。
天然の抗菌性があり、子供が口に入れても安全無害というものですが
さらに重ねても色が濁りにくく、何といってもブロックタイプ。
幅広の形態の画材には、つい反応してしまう私は、
以前からこのクレヨンが気になっていました。
これが、その場で手に入ってちょっと満足。
早速家に帰って試し書き。

クレヨン

素朴な感触でありながら、なかなかの発色。
このクレヨンは、ロウなので熱に溶ける性質をいかして
温めたホットプレートの上で描く楽しみ方などもあるそうです。

他にもきれいなパンフレットやチラシは、永久保存。
色見本に使えるし。
結局、結構楽しんでしまった今年の文具ショーでした。

パンフレット

2006.07.02 Sunday

日常のひとコマ、ふたコマ

ある日、観葉植物のカポックに水をあげようとしたらびっくり!
茎の先から人間が!!
・ ・なんてわけはなく、もちろんこれは新芽です。
でも人が手を伸ばして何かを取ろうとしてる・・そんな感じに見えませんか??

カポック

2,3日で彼は、すっかり他と同じ葉っぱになってしまいましたが、
ちょっとの間、私をなごませてくれました。

そしてこれは、スイトピーのさやです。数ヶ月前の話ですが
急に家を空けることになり、花瓶にさしたスイトピーをそのままにして
出かけたところ、数日してもどったら、さやができていました。
留守の間に受粉しちゃったようです。

さや

スイトピーも豆科ですから、当たり前といっては当たり前なのですが
切り花からなんて思いもよらなかったので、ちょっとおかしくて
誰かに見せたいと、写真を撮って温めていました。

この場を借りて、やっとこの写真が日の目を浴びることができました!
1/1