2006.09.24 Sunday

彼岸花と新刊書について

我が家の玄関先、駐車場の壁面に毎年気がつくと決まってお彼岸になると
必ず咲く花があります。それは白い彼岸花です。昨年は一輪だけでしたが、
今年は二輪咲きました。花が咲き終わるころになると、
“いつも美しく咲いてくれてありがとう!”と感謝の声をかけています。
いつ頃から咲き始めたのか、どうしてこの場所に咲いているのか、誰が植えたのか、はっきりとした決め手がありません。
今朝、東の玄関先の日差しを受けた彼岸花を写してみました。画像西園・彼岸花 016.jpg
続きを読む>>

2006.09.17 Sunday

遅くなりましたが・・ディズニー・アート展

ついこの前まで暑かったのに、9月に入ったら急に朝晩涼しくなって
最近は着るものにも迷ってしまいますね。
ブログも少し間が空いてしまいましたが、
実は10月初旬までに仕上げるべき作品を今ごろ焦ってやっているのです。
毎年の事ですが、どうして早めにできないのでしょうかね・・・
ホント私って・・。

その作品展は、毎年恒例になっている東京・銀座でのグループ展です。
会期は11月ですのでまた近くなりましたらご案内しますね。

さてそんなこんなで、前からお教室の生徒さんに「近いうちアップしますね」
と言いつつ、すっかり遅くなってしまったディズニー・アート展のご紹介です。

ディズニー1

昨年12月、千葉大学からディズニー映画のセル原画やイメージ・スケッチが
みつかったというニュースが流れました。それら、およそ250点のうち
修復作業された200点と、この展覧会のためにディズニー本社から提供された
作品を合わせた展覧会が東京・木場の東京都現代美術館で開かれています。

行くまではディズニーランドにも飾られているような映画のセル画が中心かと
思っていたらそれだけではなく、コンセプト・アートと呼ばれるなかなか表には
出ない作品をたくさん見る事ができました。

コンセプト・アートとは、映画制作初期の段階でイメージやトーンを決める為、
何人ものアーティストが各自のインスピレーションで描いて持ち寄った作品で、
つまり実際の作品には使われなかった絵もたくさん含まれています。
公開された映画のキャラクターとは、ずいぶん異なる
いわゆるボツとなってしまったキャラクターデザインや背景スケッチは、
それでもすべてが充分鑑賞価値のあるプロの仕事でした。

ディズニー3

(写真右上と右下はファンタジアのコンセプト・アート、左上のピンクのお城は不思議の国のアリスのコンセプト・アート、左下のキャラクターは、眠れる森の美女のコンセプト・アート、中央下は、バンビのコンセプト・アートです。)

また実際に映画に使われたものでも、背景画一枚にどれだけの
アイデアと苦労と時間がかかっているか、背景と見る側の感覚が
より近づけるよう工夫された特殊なカメラワークなど、
後世に残る作品のデザイナーやアニメーターのこだわりやプロ意識は
時代を超えて尊敬に値するものでした。

あるコーナーでは、眠れる森の美女の背景をデザインした
アイヴァンド・アール氏が製作スタッフのために描いた茂みの絵の工程が
わかりやすく説明されていて、ついつい家に帰って私もやってみてしまいました。
(まぁ似ても似つかぬものですが、こんな感じ・・ということで・・)

ディズニー6


背景のデザインの成り立ちを知る事で、改めてDVDを見直してみると、
今まで何気なく見ていた背景の美しさに気付きますね。

ディズニー2

(眠りの森の美女の背景は、ゴシック様式の絵画から影響を多く受けています)



私が行ったのは8月の夏休み中ということもあり、子供連れの家族も多く、
背景画を拡大したセットの前で写真を撮れるコーナーや
お絵書き、工作コーナーもあり、賑わっていました。
企画、開催にあたってはスタジオジブリのスタッフの協力もあったそうですが、
大人も子供たちも楽しめる構成です。

ディズニー4


会期は、9月24日まで、東京・木場の東京都現代美術館で開催されています。

2006.09.04 Monday

今、色彩クラスでは

パステル1


今、色彩応用クラスでは、パステルの使い方、楽しみ方を研究しています。
パステルは、顔料を少量のメディウムで固めたもの。
学校のチョークを思いだしますね。
パステルもいろいろな種類があり、メーカーによって使い心地も様々です。
私が持っているのはレンブラント社やホルベイン社のソフトパステル、
木箱入りの高価なシュミンケ社のものは、使うのがもったいなくて・・
ついつい、眺めたりちょっと触って生チョコのような感触にニヤニヤし
またしまうの繰り返し・・・。(生徒さんに笑われてしまいました。)
授業では小田原先生のウィンザー&ニュートン社のパステルも
貸していただいて、つかい心地を比べながらカードや下地作りをしています。

パステル2

パステル4

100円ショップで売られているパステルも、ちょっと試してみようかなと
いう場合には、充分使えますよ。
固いパステルはカッターで削って粉のようにして使えば広い面も
簡単に塗れますし、気軽に使える楽しい画材です。

パステル3

話かわって、10月から色彩基礎クラス(全3回)がまた始まります。
4席ほど空いておりますので、参加ご希望の方は、ご連絡下さい。
色彩基礎クラスでは、画材の種類や基礎知識、
色同士の関係や色とはどういうものか実際に絵具を使って学んでいきます。
日程は、10月、12月、2月(2007年)の第1金曜日4時〜5時半です。
HPの方にも掲載されていますのでそちらも是非ご覧頂ければと思います。

色彩基礎コース
1/1